NANGA
NANGA

NANGAのこだわり

“ジャパンブランド”である“NANGA(ナンガ)”。
社名の由来はヒマラヤにある8,000メートル級の高峰“ナンガバルバット”。
伊吹山の麓、滋賀県米原市の創業74年の国産「羽毛商品」メーカーです。
主にシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツ等登山アパレルを国内生産しています。


NANGA
NANGA
NANGA
NANGA

【羽毛と縫製が最大の強み】
羽毛の安全性と質にこだわり、熟練した縫製職人によってNANGAの製品は
完成する。いずれも見えない部分だからこそ、こだわりたい。
安さを追求するのではなく、「お客様の評価に値するものを作る」。
社員が“モノづくり”をしているというポリシーを持ち、お客様の背景を考える。
触って羽毛をチェックする、手間がかかっても、ベストだと判断した技術で縫製する。
安全で品質の良いダウンを使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、
 

「暖かく、そして軽い」。


NANGA
NANGA
NANGA
NANGA

コラボレーションの経緯

普段使いからアウトドアシーンまで、焚火の前では普通のダウンでは穴が開いてしまいますが、この難燃性ケブラ混合の素材なら冬キャンプでも活躍間違いなしです。
このたびの企画はUNBYのインラインで取り扱っているNANGAのTAKIBIジャケットの素材を使用し、キャンプシーンでも安心して焚き火が楽しめるよう、UNBYからNANGAに別注企画の声を掛け、別注ダウンを皆様にお届けできることとなりました。
NANGAは創業74年の国産「羽毛商品」メーカーであり、国内有数のダウンメーカーです。NANGAの羽毛製品に使われる原料羽毛は、100%三重県の羽毛素材メーカー「河田フェザー」から高品質なポーランド産のダウンをハンドピックで見極め、仕入れしています。河田フェザーは国内屈指のメーカーで、高度な羽毛洗浄技術を有しています。羽毛のホコリ・汚れ・アカを極限まで落とすため、ふわっと、保温性にも長けた国内精製羽毛に仕上がります。また、NANGAは成熟した水鳥の羽毛を使用し、国内で洗浄・精製しています。そのため羽毛本来がもつ今湿度調整機能がとても高く、丈夫なダウンに仕上がっています。

NANGA
NANGA

キャンプグッズとしてのポイント

表面生地に難燃性のケブラをポリエステルに混合したダウンジャケット。ケブラの最大の特徴は、高強度・高弾性率にありますが、難燃性・耐熱性、低温から高温まで広範囲の環境で使用できるなど幅広い対応能力を持ち合わせており、消防の防火服や手袋などにも使われる素材なんです。ご存知でしたか?
皆さんキャンプでは機能的な、汚れてもいい、そんな服を選びがち。クラシックな服を着てキャンプをする人、ましてや焚火をする人はほんの一握り。街のおしゃれをそのままキャンプシーンにも持っていける一着を目指しました。焚火の火の粉にあたっても穴が開かないので、普段から使っていてもキャンプシーンで思い切り使えます。キャンプでもお洒落に、そんなクラシックムードなキャンプスタイルをこのダウンから提案します。
今回はダウンの羽毛量も減らしている為、ダウンによる膨れも小さく、着重ねにも使えます。冬のキャンプでは極端に分厚いダウンにインナーが薄着、着重ねしての体温調整、そこでのお洒落が難しい、そんなシーンがよくありますが、このダウンは気軽に着脱できる厚さなので、その時々の気温に応じた体温調整がしやすいです。インナーと合わせてのお洒落着重ねもこのダウンでは可能になります。冬キャンプの新たな楽しみがこの一着から生まれます。

NANGA
NANGA

デザイン = 機能性

今回はボディの型からオリジナルで仕上げました。襟にはコーデュロイを用い、ダウン量をインラインのものよりも少なくしたことで着膨れもしないので、都会使いもしやすいシルエットです。
カラーリングもアウトドアに馴染みやすい渋めの2色をご用意しました。スナップボタンと内側ダブルZIPの2way仕様で、ジップにはUNIVERSAL社の真鍮ジップを用いたり、ボタンにはAS2OVニッケルボタンを用いたスペシャル仕様。ポケットはフラップタイプとサイドポケットの2wayで、サイドポケットはフリース張りのウォームポケットになっています。
袖部分はマジックテープで調整可能。もちろんメイン素材はNANGAを代表するTAKIBIダウンジャケット同様、難燃性のケブラ。永年保証付き。Made in Japanのこだわりが詰まったスペシャルエディションな一着を是非この機会に。

NANGA
NANGA

product info.
NANGA X UNBY別注 TAKIBI DOWN JACKET
¥41,040 (Tax inc.)

この特集はどうですか?