Rocky Mountain - ロッキーマウンテン

as2ov
as2ov

1960年代後半、Rocky Mountain Featherbed(以下RMFB)は、アメリカ・ワイオミング州で産声を上げます。
ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、継ぎ目の無い一枚革を使ったウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェア、それがRMFBのメインアイコンである羽毛布団(FEATHERBED)のような防寒性と保温性を保証するダウンベストでした。
1974年当時最高のハイテク素材であったGORE TEX®素材をいち早く採用。一枚革ヨーク仕様のマウンテンパーカを完成させます。
残念ながら1980年代後半にブランドは消滅しましたが、一人の日本人がRMFBの収集を始めます。そして20年という歳月を経て研究と試作を重ね、オリジナルをも超えるリプロダクツが完成したのは2005年秋。現在35サマーズ社は、一枚断ちのレザーヨーク、天然ムートンを使用した襟など、確かな価値を受け継ぎつつ、さらに“現代”というエッセンスを加え、他に類を見ない贅沢な製品を生み出しています。